読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイト公開はやはり強い?サイト公開後の順位変動と考察

ブログを始めて、ドッグフードのサイトを公開しましたが、公開後狙っているキーワードの順位変動やアクセス数に変動が起きたので、それについての考察を書いていきたいと思います。

ドッグフードサイトの順位の影響

正直、あまり狙っているというキーワードは無く、テールキーワードで成約を持っていくスタイルなのですが、一応見ていたキーワードがあります。

f:id:meipuru_affi:20160302154129j:plain

f:id:meipuru_affi:20160302154139j:plain

この二つのキーワードですが、今まで横ばいで来ていたので、サイト公開が影響していることは間違いないと思います。

ひとつ目の記事が2月24日。

ふたつ目の記事が2月26日で、順位に影響が出たのは3月1日です。

はてなブックマークが大量についた時は、即日、もしくは次の日に順位に影響がある事も多く、今までのサイト公開を見ていてもそういうケースは多かったのですが、今回の僕の事例ではほとんどブックマークは付かなかったので、若干影響が出るまでに時間がかかったのかもしれません。

キャットフードのサイトは、 作ったばかりで順位は付いていませんでしたが、同じタイミングで順位が付きました。

ここから、サイト公開の影響があったのは間違いないと思います。

今回の記事が影響で多くのアクセスが集まった

今回の記事は、Twitterでの拡散はあったものの、ブックマークは集められませんでした。

少し前に、「Twitterはあまり順位変動には影響がない」といったツイートを見かけたのですが、それが正しいとすると、僕は「アクセスが大量に集まった事」が順位に影響を与えたのかな?と考えています。

Analyticsは入れていないのですが、簡易アクセス解析を見る限り、サイト公開当日はブログ経由で約600アクセス近く集まっています。

アクセスの流入をGoogleが把握出来ているのかどうかは分かりませんが、今回のケースではそれ以外に順位変動に影響を与える要素が見当たらない為、そう考えるしかないかと思います。

もしくは、Twitterでの拡散が影響しているのかもしれませんし、わずかなブックマーク数で影響を与えているのかもしれません。

やっぱりサイト公開はするべき?

僕がサイト公開をするちょっと前に、サイト公開ブームが起きましたね。

その時に、「サイト公開はもう旨味が少なくなってきている」という呟きも見かけましたが、僕はまだまだいけると思っています。

確かに、Twitterだけでサイト公開をするのはちょっと弱いかもしれませんね。

もし公開するのであれば、ブログとセットで公開するのが王道であり、自サイトの底上げとして使えるのではと思います。

私はサイト公開するほどのサイトを持っていないという人へ

たまにいますよね、こういう人。

いや、全てブラックオンリーでやっていて、尚且つ結果を出している人が言うのは分かります。

手法がバレてしまいますからね。

ただ、結果を出していないのに、稼ぎたいのに、そんな事言うのはどうなんだろうって。

僕は真摯にアフィリエイトに向き合って、頭を使って作ったサイトには、その人なりの良さや工夫が表れると思っています。

僕で言えば、全て外注で作ってるよっていう工夫が見えた結果、ああやって拡散されたわけで。

公開する程のサイトを持っていない」という人は、まだまだ真剣にアフィリエイトをやれてないだけなんじゃないでしょうか。

デザインは全く関係ないんですよ、僕だってSIRIUSのデフォルトのテンプレートですし。

サイト公開のメリットは大きいと今でも思いますし、もしかしたら今後どんどんメリットは少なくなってくるかもしれません。

そんな中で、「本気で稼ぎたい、でも稼げない」っていう人で、誰にでも手に入れる事の出来るサイト公開のメリットを享受しないのは、稼ぎたいって気持ちが少ないなと思います。